定番の韓国料理

チヂミは、韓国料理の一つですが、実は「チヂミ」という呼び方は慶尚道方言で、韓国では一般に「プチムゲ」と呼ばれています。
「チヂミ」も「プチムゲ」のどちらも、「焼いたもの」という意味です。

チジミのレシピも、韓国の地方によってさまざまなプチムゲがあるのですが、日本で一般的に知られる「チヂミ」は薄く外側はパリっとした食感、内側はもちっとした食感のもので、たれにつけて食べるのが普通です。

日本では大抵の韓国料理店で食べることができるほか、一般の百貨店等で「チヂミの粉」が売られているので、家庭でも多く作られるようになってきて、近年なじみが深くなっています。

チジミのレシピの中でも美味しいと評判の「海鮮チヂミ」を紹介します。

韓国風のお好み焼きといえるチジミですが、今回のはねぎを使うので正確にはパジョンだそうです。
残り物の野菜をなんでもいいので細切りにして生地に混ぜ、薄く焼けばチヂミ、だそうです。

材料(フライパン2枚分くらい)
・ねぎ(万能ねぎ、わけぎなど) 5,6本
・小麦粉 カップ1弱
・白玉粉(もち米の粉です) カップ1/2強
・水 3/4〜1カップ
・だしの素 適宜
・塩 小さじ1/4
・卵 2個
・アサリのむき身 大さじ1・細切りイカ 大さじ2
・糸唐辛子(赤ピーマン少々でも可) 適宜
タレの材料
・しょうゆ 大さじ2
・酢 大さじ1
・ねぎのみじん切り 適宜
・白ごま 適宜
・粉唐辛子 お好みで

作り方は次の通りです。

1.白玉粉に少しずつ水を加えながら泡立て器で粒をつぶしながら溶く。
2.小麦粉を加えて泡立て器でよく混ぜなめらかになるまでよく練る。
3.だしの素と塩を加えて味を付ける。
4.イカの細切りには軽く塩・こしょうし、酒(分量外)をふりかけておく。
5.ねぎはフライパンの直径に合わせて切りそろえておく。
6.フライパンを熱し、サラダ油を注いでよくなじませてから、生地を流し込む。
7.生地が生のうちにすばやくねぎをのせ、押さえつけて生地とねぎをなじませる。
8.アサリ、イカをのせ、あらかじめよく溶きほぐしておいた卵をかける。
9.糸唐辛子か細切りにした赤ピーマンを彩りに乗せる。
10.フライ返しで押さえつけながら裏表を何度か返しながら焼く。
11.仕上げにごま油を回し入れて、表面をかりっと焼き上げる。
12.ざるに取って冷まし、5cm角くらいに切って皿に盛りつけて出来上がり。

タレの材料を全部混ぜ合わせて、それをつけながら食べます。